カロリミットが効かないと思うなら、使用方法を考えてみましょう

カロリミットの使い方間違っていませんか?

 

ダイエットサプリメントと聞くと『飲むだけで痩せる』のイメージがありますが、世の中はそんなに甘くはありませんし、そんな魔法のようなサプリメントがあるなら肥満で悩む人もいないはずです。カロリミットを飲んだけれど効果が無かった!そんな人はカロリミットがどの様に体に作用するか・何のために飲むかを一度良く考えてみましょう。

 

カロリミットは糖質と脂質の吸収を穏やかにします

糖質や脂質には『旨味成分』がありますから食事をすると『美味しい』と感じます。世の中の美味しいものには全て、糖質と脂質が含まれていますから仕方がありませんけどね。糖質も脂質も体のエネルギーになる大切な成分ですから、体を元気にするには摂取しなくてはいけません。

 

ところが体が必要とする以上の糖質や脂質が体内に入ると、吸収はされますが分解できずに脂肪に変換されます。カロリミットはこれをゆるやかにすることで、吸収と分解をサポートするだけでなく、食欲を押さえて食べすぎを防ぐものです。

 

カロリミットが体に与える効果

カロリミットは脂質や糖質の吸収と分解を穏やかにしますから、食べたものが脂肪に変わりにくくしていきます。早い話が、カロリミットを飲んで食べたものを脂肪にしにくくするもので、現在の脂肪を分解する力はないのです。ダイエットのサポートをしますが、痩せるためのサプリメントではないと言うことですね。

 

ダイエットを頑張る人が、今以上に脂肪がつきにくくするものですから『飲んだら痩せる』と何もしないのでは変わらないと言うことになります。飲み会や女子会で、食べないことを出来ない場合に余分な脂肪をつきにくくするためのものですし、体調により体重の変動もありますから飲んでも食べすぎれば効果は現れません。

 

ダイエット中の食事をサポート

ダイエットを始めれば、食事のバランスやカロリーも考えますが、糖質や脂質を減らすといっても『何をどれくらい減らすか』分からない事もあります。また食事会や飲み会では『ダイエットしているから』と断りにくいもの。そんな時に、ダイエットの邪魔や誘惑から守るのがカロリミットなんですね。毎日飲めば、ダイエット中のちょっとした食べ過ぎを抑えたりしてくれますし、食事会の前に飲めば余分な脂質と糖質をゆっくりしっかりと分解します。

 

カロリーを気にせずにとのうたい文句なので『食べても太らない』と捉えられてしまいますが『食べても太りにくくなる』だけで『まったく太らない』『痩せる』と勘違いしてはいけません。カロリミットの成分が良くても、全てが分解できるわけでありませんし許容範囲を越えれば脂肪にもなります。『普段から食事の内容を考えておく』事で無茶な食事を控えることも出来ます。カロリミットに全てを委ねるのではなく、自分のダイエットをサポートしてくれるサポーターとして受け入れる事が大切ですね。

 

効果を感じられない人は『飲み方』だけでなく、食事の内容にも問題があるかも知れませんね。また『カロリミットを飲んでいるから』とたくさん食べて良いとは思えません。効果がないのはカロリミットだけでなく、自分の食事の仕方に問題があると考えてみてください。ほんの少し考えを変えるだけで、めきめきと効果が現れるかも知れませんよ。